トップページお知らせペット写真館ワンポイントアドバイスメルマガ

SHOP INFO | ご利用の手続き | サイトマップ | リンク

仔犬は噛むことにより物事を覚えます

仔犬の時期はとにかく色んなものを噛みます。テーブルの足やソファの角、洋服やバッグ、そして人の手足等…。
しかし、噛んだからといってすぐに叱るのは良くありません。大体3ヵ月未満の仔犬は叱っても理解できず、同じことを繰り返したり、余計にエスカレートする事が考えられます。
まずは噛まれないようにすることが大事です。例えば、テーブルやソファにはしつけ用のスプレーや苦味のある薬を塗ったり、洋服やバッグは日頃からタンスやクローゼットに収納する等。
代わりとなるおもちゃを買い与えてもよいでしょう。叱るより先に予防することに気を使いましょう。

人に噛みついたときはその時の力の程度や状況によって対応します。

少し大きくなって噛む力が強くなると例え甘噛みでも怪我をすることがあります。
4〜5ヶ月ぐらいになれば叱ることも有効となりますので怪我をする位強く噛まれた時は本気で叱って下さい。
叱り方としては、

とします。

それでも改善されない時は噛まれたら逆に押し付けるようにしたり、上から押さえつけるなどする必要があります。
但し、やり過ぎると「恐怖感」や「警戒心」しか与えませんので十分注意してください。
どうしても手に負えない場合は「しつけ教室」等に通われる事をお奨めします。

目次に戻る >>

株式会社 インターペット 〒861-8045 熊本県熊本市東区小山3丁目2-62【地図】
実店舗店(熊本)営業時間:9:00〜21:00 休業日:年中無休 TEL:096-389-5511
ホームページ店営業時間:9:00〜18:00 休業日:土・日・祝日
このコンテンツの各ページに掲載の記事・写真・イラスト・画像・音声の無断転用を禁じます。
All Rights Reserved. Copyright (C) Interpet 2004 - 2012